46.6kg 20.1% &腰痛で整形外科へ

月曜からの腰痛も少しマシになってきた。

でも、2年前にやった軽いぎっくり腰の前兆に似ているし、
その時に行った整形で出してもらった湿布とボルタレンで劇的に良くなったので、
市販の湿布を買うならば、と整形外科に行ってきました。

スポンサーリンク

腰痛でかかった整形でのレントゲン結果は

二年前は異常が無く、ただの関節炎との診断だったけど。

腰痛で整形外科へ
ひどい腰痛で運動できなくなってもう半月。 今日は47.2kg、22.6%と恐ろしい数字を見てしまったし、 毎日く...

でも二年前と比べると第三と第四の骨の間(お腹側)が狭くなっていた(汗)

驚いてると「ね、二年でこんなに変わるもんでしょ!」と先生なぜか自慢げ。w

「これが酷くなるとヘルニアになるからねー」
「足しびれたらまた来てねー」
「前と同じ薬出しとくからねー」

と、超早口で、1分もせず診察終了モード。

ちょっ!待った!先生! ※心の声

私の前の患者さんも、診察室に入っても1分も立たずどんどん入れ替わるので心配してたけど・・・やっぱりそのタイプか(汗)

と、せっかく来たから何か聞かねば勿体ないwと焦って

「スポーツしたらダメですか」 
「なんか、やっちゃダメとか無いんですかっ!」

と食い下がる。

私の必死さが伝わったのか看護師さん半笑い。

すると、スポーツはやっていい、むしろやって、と。
やっちゃダメなのは「深い前屈」、と辛うじて聞き出して退室。

はー。

目的の湿布とボルタレンはゲット

でも、目的だった湿布とボルタレンは無事ゲットできてホッ。
特にボルタレンは、市販のロキソニンでは取れなかった痛みがとれたので安心感がある。

でもこの病院は先生や看護師さんのアタリハズレがずいぶんあるな。。
問診の時の看護師さんはなんだかギスギスしてたし。

今日は脊柱の患者さんが多かったのか?確かにお昼も過ぎてたけれど、
私の前に診察室に入ってすぐ出てきた老夫婦の旦那さんは明らかに怒っていた。
確かに、まあ、数時間待たされて診察1分で「治りません(はい終わり)」なら
(耳ダンボwの内容から推測

そして機械式の支払機で会計を済ませていたら、おばあちゃんがめっちゃ私のすぐ横に立ってジロジロ見てる。w

ああ、たぶん支払い方法がわかんないんだな、と思ったら案の定、「やり方わからないから教えてくれる?」と言う。おばあちゃんの番号が表示されるまでお話すると、札幌から遠い町から二泊三日で来たと言う。

もし、このおばあちゃんの診察も1分終了コースだったならちょっと気の毒だな。。
まあ、大きな専門病院なのである程度仕方ないとは思うけれど。

そんなこんなで待ってたけれど、おばあちゃんの番号がなかなか表示されない。
番号順に表示されるとは限らないから座ってましょうかと促すも「いい、もうすぐだ」とけっこう頑固w

すると、このやり取りを見てたらしい他の支払い待ちの女性が「私も待ってるから私が教えてあげますよ」とにっこり笑って代わってくれた。

最後にちょっと、ほっこり。

10月数値目標 10月の平均値を45kg台に
10月運動目標 
体幹トレ・ピラティス・筋トレ強化月間に

■今日のごはん kcal+お酒~

◎朝:kcal 白米、目玉焼き、お味噌汁(具無し)

 

◎昼:kcal 素うどん ごはん日記はこちら

◎間:kcal コーヒー

◎夜:kcal 雑炊(白米、卵、豆腐)

そして明日は大腸検査なのでこんなメニュー。病院祭ですな(汗
運動していないからか検査の恐怖か、あんまりお腹空かない。

■今日の運動 

朝:ファンシネストレッチ、下半身ストレッチみっちり